乗馬チャップスの修理

0

     

    前回はサドルケアの話題でしたが


    乗馬つながりで…


    今回は乗馬チャップスの修理の話題を




    乗馬関連で依頼が多いのはダントツで
    乗馬長靴のクリーニングや修理なんですが、




    乗馬チャップスのご依頼も
    度々頂いています




    チャップスの
    ファスナー交換



    ほつれ縫い補修


    ボタンの付け替え


    などなど…





    乗馬長靴もそうですが、どうしても
    ふくらはぎ周辺に圧力がかかるため



    その部分のファスナーが切れたり


    縫い目がほつれてしまったり…



    また
    土汚れ、馬の毛や脂などが混ざった
    複雑な汚れで
    ファスナーの噛み合わせや
    滑りが悪くなっってしまったり…


    というファスナートラブルが
    普段使いのブーツよりも多く見られます





    履き込んでその人の足の形に伸ばされた革
    お手入れなくハードな使い方でカチカチになった革


    状態も様々ですが



    スムーズな作業のために
    まずはクリーニングをして
    全体の汚れを落として…
    乾いてから…修理スタートです!



    ↑↑↑↑↑↑↑↑
    (お気づきの通り、
    実際の修理に入る前の準備だけでも
    お時間をいただくことになります)







    クリーニング後でも
    ごく稀にこんな状況も……(^^;;


    ザックザック出てきましたー!



    革と一体化した縫目を慎重にほどき
    さらに縫目に入り込んだ細かな土汚れを
    落として…地道な作業を進めます










    補修後はお手入れをして完成!





    チャップスのファスナー交換には
    [金属8号サイズ]のオープンファスナー
    お色は、黒と茶の二色
    在庫で対応させていただいております





    こちらのオープンファスナー


    在庫切れの場合は取り寄せとなり、
    場合によっては納期まで約1ヶ月程
    お時間をいただくことになります



    チャップスファスナー交換修理のご依頼の前に
    在庫の有無のご確認と
    お早めのご相談をお勧めいたします!



     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    靴磨きのシューケア札幌WEB

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • G・M ジェロニモ
      牧場長
    • G・M ジェロニモ
      kiyo

    links

    profile

    書いた記事数:182 最後に更新した日:2020/08/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode